青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

メタボリックシンドローム

内臓肥満に高血圧などが加わった「メタボリックシンドローム」

健康診断で腹囲が測定されるようになって数年が過ぎ、メタボリックシンドロームという言葉もよく知られるようになってきました。「メタボリックシンドローム」とは単にお腹周りが大きいということだけではなく、内臓に脂肪がついた状態の内臓肥満に、高血圧、脂質異常、高血糖が合わさった状態のことです。普段「メタボ、メタボ」と言っているのは、メタボリックシンドロームではなく、メタボリックシンドローム予備軍である場合も多くあり、それ以上進行させないために気を付けようという取り組みを国も推奨しているのです。
内臓肥満の基準としてはへそ周りの腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上とされています。「メタボリックシンドローム」は肥満症の一つで、別名「内臓脂肪症候群」で、メタボリックシンドロームは、内臓についた脂肪が血管にダメージを与えたりすることで、糖尿病や心疾患などのリスクも高まり、最近では睡眠時無呼吸症候群などの原因にもなると言われています。見た目の肥満だけでなく、血管のリスクも加わるメタボリックシンドロームにならないためにも、内臓肥満を予防するための生活習慣を取り入れましょう。

青山美肌用語集トップ公式サイト商品一覧