青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

ナノレベル

肌への高浸透率を目指した「ナノレベル」化

スキンケアのみでなく、選択洗剤などでも聞かれる「ナノレベル」とは、大きさの単位の一つです。長さで言えば100万分の1ミリメートルという極小の単位です。
スキンケアでは、肌への浸透率の良さに対してナノレベルという表現を使用することが多く、肌の構造にも関係しています。人の肌は、3層構造になっていて一番上から「表皮」「真皮」「皮下組織」となっています。一般的にスキンケアなどの美容成分は表皮までしか浸透しません。それは、肌自体が外からの水分の侵入を防いで体内の水分量を安定させようとする機能を持っているためです。これがなければ、入浴などでどんどん水分が肌から体内に入ってしまうことになり、また体内の水分もどんどん抜けていくという状態になってしまいます。そのため、表皮と真皮の間の組織はごくわずかな細胞の隙間しかないのですが、実際に美容成分を届けたいのは肌の土台となる真皮なので、美容成分をナノレベルまで小さくする必要があるというわけです。ところが、成分のナノレベル化には高い技術が求められるため、どんなスキンケア商品にも使える成分ではありません。ABIスキンケアシリーズでは、ナノレベルのフラーレンを配合するなど、高技術によるスキンケア開発を重ねています。肌の土台から美しくする肌づくりにぜひお役立てください。

青山美肌用語集トップ | 美容 | 健康|公式サイト商品一覧