青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

繊維芽細胞

潤い成分の生みの親「繊維芽細胞」

肌のハリ・弾力を維持している真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン。これらを作り出しているとして注目を集めているのが「繊維芽細胞」です。繊維芽細胞が真皮を作っていると言えるほど大切な細胞で、自らを分裂させて新たに繊維芽細胞を増やしていくことや、コラーゲンを束ねて弾力ある肌土台を維持しているという特徴があります。
この繊維芽細胞は年齢とともに衰えてしまい、それにともなって真皮の3つの弾力成分の生成も減少し肌のハリ不足へとつながってしまいます。特にダメージを与えてしまうのが活性酸素による細胞のサビで、紫外線を多く浴びたり、十分な血流が届かないと老化が進み、肌も老化していきます。コラーゲンの減少を食い止めるためにも、繊維芽細胞の酸化(サビ)を防ぐ必要があるのですが、そこで活躍するのが抗酸化力の高い、フラーレンやビタミンC誘導体だとされています。真皮にこれらの成分をしっかりと届けることで、コラーゲンの減少をケアすることができて、ハリのある若々しい素肌を維持できるようになります。
青山美肌のABIスキンケアシリーズは、フラーレンを効率的に届けるベスト配合をした商品開発を行っています。年齢肌の悩みに本気で向き合う方にぜひ使っていただきたいラインナップです。

青山美肌用語集トップ | 美容 | 健康|公式サイト商品一覧