青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

肝斑

30代からのシミは肝斑に注意

シミとよく似ていて見落とされがちな「肝斑」は、左右対称に同じ形や大きさで頬骨のあたりに表れるのが特徴です。しかも広い範囲にぼんやりと広がってくるため、メイクで隠れやすく気づきにくくもあります。30~40代では肝斑ができやすくなり、中々改善しにくく、また一般的なシミと思い込み、適切なケアが遅れてしまう場合があります。
肝斑は女性ホルモンが関係することもあり、50代頃からは薄くなってくる傾向にあり、高齢ではあまり見られないとも言われています。ただ、肝斑を放置してさらに紫外線を浴びてしまうと、消えないシミの原因にもなりやすいため、早めにきちんと改善させておくことが大切です。肝斑はシミの一種ですので、基底層のメラノサイトの過剰な反応も影響します。紫外線を記憶させないためのケアとして基底層や真皮の潤いを維持していくようにしましょう。

青山美肌用語集トップ | 美容 | 健康|公式サイト商品一覧