青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

くま

クマには3つのタイプがある

寝不足が続くと目の下が黒ずんで見える「クマ」。ところが十分な睡眠をとっていてもクマが気になることがあります。じつは、クマには大きく分けて3つのタイプがあります。
「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」です。一般的に睡眠不足によってできてしまうのは、「青クマ」である場合が多く、疲労回復が追い付かず、目の周りの血流が滞ってしまい、皮膚が薄い目の下に青黒く見えてしまうのです。目の下を軽く引っ張ってクマが薄くなるならこのタイプかもしれません。「黒クマ」は分かりやすく言えば、目の下にできる陰で、肌の凹凸があることでできるものです。肌弾力が低下しハリが失われるとくぼんでしまいやすくなり、むくみによる溝の目立ちなども原因となります。加齢によって目立ち始めるのも特徴です。「茶クマ」は、いわゆるシミの一種になります。色素沈着や角質の老化によって色がついてしまっている状態です。紫外線を長年浴びることで小さなシミが集まって大きく見えることで生じてしまうことがあります。いずれにしても目の下のクマをケアするには、顔の中でも皮膚が非常に薄いため、擦りすぎたり強い力を入れすぎないように気を付ける必要があります。薄く伸びが良く、保湿成分がたっぷりと含まれた目元専用のクリームでのケアは欠かせません。クマが定着してしまわない早目のケアをおススメします。

青山美肌用語集トップ | 美容 | 健康|公式サイト商品一覧