青山美肌

医療現場から生まれたドクターズコスメ青山美肌「ABIコスメ」

潤い

肌のバリア機能に不可欠な肌奥の潤い

肌を健康に保つには、紫外線やホコリなどの外敵刺激によるダメージを受けないことが第一で、そのために欠かせないのが肌の潤いです。潤った肌は、肌の最も表面にある角質のキメが整った状態になっていて、角質の隙間が少なく外的刺激の侵入を跳ね返すことができます。肌表面には皮脂と汗が混ざり合って作られる天然の保湿クリームである皮脂膜があり、適切な量の皮脂膜によって潤いが保たれています。皮脂膜をはじめ角質の潤いを保つ要素となるのが3つの保湿因子である、「皮脂膜」「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質」で、これらがバランスよく保たれていることで潤いのある肌となりバリア機能が正常に働きます。特に細胞間脂質は角質層の80%の潤いを占めるともされていて、セラミドなどの脂質が水分を肌に閉じ込める役割を担っています。年齢を重ねるとともに乾燥しがちになる肌には潤い成分を補うことが大切ですが、特にセラミドの補給はぜひ十分にしておきましょう。

青山美肌用語集トップ | 美容 | 健康|公式サイト商品一覧