糖対策は手軽に継続できる!


薄着の季節になってくると気になってくるのが、スタイル、ではないでしょうか?
去年の服がちょっとキツく感じたり、なんとなく動きが重たくなったり、
それは自分にしか分からない小さな変化かもしれませんが、無視すると後々大変になることがあります。

「糖過多」は肥満に直結!

なぜなら、確実に年を重ねているからです。
加齢によって、代謝、筋肉量、巡り、ホルモンバランスなど体内の様々な要素が低下しています。若い頃と同じように体型維持をしにくくなっていくのです。
体型維持が出来ないだけでなく、健康にも影響を及ぼしてしまうのが加齢による「肥満傾向」です。
メタボリックシンドロームの診断など、厚労省が健康診断項目に追加しているように
肥満傾向の大きな原因となるのが「糖過多」です。
日本人の主食である米やイモ類などは、糖を多く含んでいます。
糖は3大栄養素の一つとして体でエネルギーを作り出すためにとても大切な栄養素ですが、
現代人は糖の摂取量が増加傾向にあるというのです。

糖を含む主食が米以外にも、パンや麺類などと選択肢が増えていることや、手軽にお腹を満たせるお菓子類や、ジュース、さらにはビールなどのアルコールによって、
ついつい毎日、糖を摂り過ぎているのです。
しかも、交通機関の発達によって歩く機会が増えたり、仕事の忙しさに追われ運動をする時間が取れないなど、
摂取した糖を消費する機会が減少しているのも糖過多の原因です。

糖不足のリスクを回避するダイエット法は?

糖は、不足するとエネルギー不足になったり、脳の栄養不足によってボーっとしたり、痩せてしまったりするのですが、
摂り過ぎると、血糖値が高くなり血管系の病気につながり、糖尿病や、心筋梗塞、脳梗塞などの重大な疾患へとつながってしまうという恐ろしさがあります。

ぜひ摂り過ぎた糖をケアしていきたいところですが、問題は糖を摂り過ぎる生活習慣の中でどうやって改善するのかということです。

糖質制限などの食事法、ウォーキングなどの運動、ファスティングなどを取り入れるのもいいでしょう。しかしながら、毎日の食事で摂ってしまう糖をケアするには、継続できるケアである必要があります。
特に、シニア世代では無理な食事制限や運動は、逆に健康を害してしまったり、ケガなどの原因になってしまうかもしれません。

溜め込まない新習慣を簡単に!

そこでおススメなのが、食事で摂り過ぎてしまう糖を、体に溜めこまないための新習慣です。
糖は、口から取り入れられると、だ液や消化液などの酵素によって多糖から単糖へと分解されながら吸収されていきます。
そして、単糖という小さな糖になると腸から吸収されやすくなり、摂り過ぎると内臓に溜まり肥満の原因になったり、「糖化」と呼ばれる状態となり肌の老化にもつながってしまいます。

つまり、不要な糖を体に吸収させないようにすることで、速やかに体外に排出していけるのです。
「アビサラスリムティー」の主原料である、「サラシア」は、インド原産の植物でサラシアに含まれる「サラシノール」が糖を分解しようとする酵素の働きをブロックしてくれることが分かっています。

食前に、一杯のアビサラスリムティーを取り入れることで満腹感も得られ、食事量も自然と少なくなり、糖の吸収も抑えることができます。
生活に負担をかけることなく、手軽に糖ケアが出来るアビサラスリムティーをぜひ一度お試しください。

スキンケア選びに役立つ「青山美肌用語集」もご用意しています
↓↓

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

ダイエットカテゴリの最新記事