敏感肌のスキンケア選び、どうする?


ひとことで「敏感肌」と言っても、タイプも状態も様々です。
体のリズムによってトラブルが起こる、外因的な刺激によって炎症が起こる、心理的な影響によって肌の調子が乱れる、など敏感肌の方は自分なりの原因をご存知だと思います。

「あ、これは肌ダメージが出てしまうな」と何となくわかる場合もあるでしょう。

悩ましい敏感肌のスキンケア

シワ改善や、美白などを謳うスキンケアを気にせず選べる人が羨ましいと思ったことがある人も多いようです。
なぜなら、敏感肌の方のスキンケア選びは
「使ってみてトラブルが出ないスキンケアかどうか」を優先的に考えなくてはならず
気になる肌悩みのケアを後回しにしなくてはならないと思ってしまうからです。
「美白は気になるけど、成分が強すぎて・・・」
「シワをこれ以上増やしたくないけど、クリームが合わなくて」

しかしながら、本来は敏感肌の方こそ高機能なスキンケア力が必要です。
市場に出回っているスキンケアにも敏感肌を意識したものは増えてきました。
*低刺激
*医薬部外品
*オーガニック
*無添加
などのキーワードを多く見るようになりました。

それでも「使ってみないと、私の肌に合うかどうかわからない」というのが正直な所ではないでしょうか。

敏感肌のスキンケア選びはココがポイント

敏感肌の方のスキンケア選びで、ぜひポイントにして欲しいことがあります。
それは「臨床データ」と「配合成分量」と「ブレンド内容」です。

まず、デリケートな敏感肌の状態をどれだけ多く想定しているスキンケアか?ということを見て欲しいと思います。それが「臨床データ」です。
このデータを集めるには研究機関や医療現場とのタイアップが不可欠になります。客観的なデータによって実証されている情報を参考にしてみてください。

次にチェックするのは「配合成分量」です。
どんなに肌に優しい成分を表記されていてもそれが商品全体でどの程度配合されているのかによって、使い心地は全く違います。優れた美容成分が配合されているのに、極端に価格が安い場合には成分量について一度よく確認することをおススメします。

そして「ブレンド内容」によって、相乗効果が期待できるのか、より成分の力を引き出すブレンドになっているのかをチェックしたいところです。
例えば、肌に良いとされるビタミンCなどは、食べ物などからどれだけ摂っても必要以上のものは排出されてしまう習性があるように、スキンケアにも適量があります。効率的かつ相乗的に実感が得られるブレンドをチェックしてみましょう。

医療現場とのタイアップスキンケアも充実

とはいえ、専門知識がないとこれらをチェックするのも難しいですよね。
かかりつけの皮膚科に相談するのもいいですし、ホームページなどで詳しい情報をリサーチするのも一つです。

青山美肌は、医療現場とのタイアップにより商品開発を行っていますので、これらの条件については自信を持っておススメできますし、詳細をホームページでもご紹介しています。
ぜひ参考にご覧ください。

スキンケア選びに役立つ「青山美肌用語集」もご用意していますのでご参考になさってみてはいかがでしょうか。
*コチラからどうぞhttps://aoyama-bihada.co.jp/word/
↓↓

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

未分類カテゴリの最新記事