年齢肌はターンオーバーのリズムづくりがカギ

年齢肌はターンオーバーのリズムづくりがカギ

若い頃にはなかった「シミ・シワ・たるみ」をはじめとするお肌のお悩みが気になり始める「年齢肌」。
加齢とともに生じる体の全細胞の老化の一つで、特に人の視線を集める顔に表れるこれらの年齢サインは、40代頃から目立ちだしてきます。
「シミ・シワ・たるみ」が気になり始めると
スキンケアのグレードを上げて美肌成分がたっぷり入った高級な美容クリームなどを使い始めたり、ファンデーションやコンシーラーで隠そうとしてメイクが厚ぼったくなったり、
自己流のフェイスマッサージにチャレンジしてかえってシワの原因を作ってしまったり。。。
美肌づくりの努力を続ける女性たちに追い打ちをかけてきます。

シミ・シワ・たるみを受け入れたくない40代

その上、40代頃からの女性たちは、体にも肌にも影響を与える「女性ホルモン」や「コラーゲン」なども低下しはじめ、それに伴って更年期や肌変化といった人に分かってもらいにくいお悩みが生じるなど、メンタル的にもとまどいを感じる世代で、
「まだ若いのに」「年齢より若々しくいたい」「このシワならまだ消せるんじゃないか」という「老化を受け入れたくない」気持ちとの葛藤があるからこそ苦しいのが40代、50代の女性たちかもしれません。

体が複雑に連動しながら老化していく世代の「年齢肌」のケアでぜひ注目してほしいポイントがあります。
それは「ターンオーバーのリズム」です。

ターンオーバーのリズムを整えるとは?

「ターンオーバー」とは、肌細胞が誕生してアカとして剝がれ落ちるまでの新陳代謝のことを言いますが、正常なリズムは「28日周期」とされています。
20代頃まではこの28日周期が保たれるのですが、年齢とともにどんどん長期化して、40~50代頃には、20代の倍程の期間がかかってしまうのです。
ターンオーバーが長期化すると、

*いつまでも肌表面に古い皮膚が残りくすみの原因に
*死んだ細胞である古い角質がめくれてしまいガサガサとした肌に
*古い角質では紫外線などの刺激から肌を守れず、それでも対応しようと角質が厚くなってゴワゴワに
*肌表面の細胞同士の間にすき間が出来、水分が蒸発しやすく乾燥肌に

などの肌悩みが出て来ます。
これこそが「年齢肌の悩み」に直結しているのです。

とはいえ、20代の頃のターンオーバーリズムに戻すというのは、現実的ではありません。
そこで、年齢肌に負担のない「リズム維持」をすることを目指していきましょう。

ポイントは3つ。

①古い角質を速やかに排出できる肌
②誕生する肌細胞を健やかに育てる
③細胞の老化を予防する

です。

活性酸素のよるサビのケアを

古い角質でフタをされた状態では、新しい肌があがってこれません。肌に過度な刺激を与えない洗顔でアカを落とすことはもちろん、常に肌を潤った状態にしておくことで古い角質の硬化を予防しましょう。
また、肌の奥で誕生する肌細胞は、加齢とともに数や周期だけでなく細胞そのものの元気がない状態になってしまいます。
血流を整え、水分やターンオーバーに必要な美肌成分がしっかりと細胞に届けられる肌づくりを目指す必要があります。
そして、全身の細胞が老化していく原因となる「活性酸素によるサビ」のケアを欠かさないことです。肌老化も、紫外線の影響などで増える活性酸素が大きな原因です。
このようなサビに立ち向かう「抗酸化成分」を配合したスキンケアをつかうことで、総合的に若々しい肌づくりを目指すことができます。

このようにターンオーバーのメカニズムを理解してケアすることで、年齢よりもひと世代若いターンオーバーのリズムを維持していくことを目指せます。

青山美肌のABIスキンケアシリーズは、年齢肌のターンオーバーにアプローチする成分を、実感力の高い配合で商品化しています。ぜひお役立てください。

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

美容カテゴリの最新記事