夏に低下しがちな代謝。糖の燃焼と汗は別物です

夏に低下しがちな代謝。糖の燃焼と汗は別物です

夏はファッションも薄着になり、スタイルが気になってくる季節でもあります。
女性なら二の腕や太ももやお腹、男性ならお腹周り など、毎年この季節になると
「なんとかしないと・・・」と反省するという人も多いのではないでしょうか。

一方で、「夏痩せ」するというタイプの人もいますよね。
健康的な生活をした上で、スポーツをしたり、食生活に気を付けていて痩せるという場合でない限り、実はこのタイプの方は健康的に不安な状態かもしれません。
食欲不振だったり、内臓の不調などがないかをチェックしてみてください。

一般的に夏は気温も高いため汗をかきやすくなります。
そのため、「汗が出てるから痩せるんだ」と思いがちですが、痩せるために必要な条件である「代謝」は冬よりも夏の方が落ちていると言われています。
つまり代謝が低下する夏には「痩せにくく」なるのです。

夏に「痩せにくい」理由とは

■基礎代謝が落ちる

私たちのカラダは呼吸や体温維持をするために、常にエネルギーが消費されています。
生きるために必要なエネルギーで寝ている時でも意識していないうちに消費されています。
特に体温維持はカラダの細胞や免疫などが正常に働くためには欠かせない機能で、
外の気温によってその消費量が変わってきます。
夏は外の気温が高いために自らのエネルギーを使わなくても体温を維持しやすいため
他の季節に比べて基礎代謝としてのエネルギー消費が比較的少なくてすむのです。
いつもと同じ食事をとっていたとしても、カロリー消費量が減ってしまうのはこのためで、
痩せにくく、さらには太りやすくなります。

■暑さで活動量が減りがち

今年のように命の危険を感じるほどの猛暑が続くと、外出すること自体がカラダを壊す原因になってしまうことも。
ついつい冷房の効いた室内で過ごすことが多くなってしまいます。
そのため、エネルギーを消費する活動量そのものが減ってしまうのです。
朝や日没後の陽射しが少ない時間を上手く活用して少しでもカラダを動かす習慣をつけるのも健康のための体力づくりにはいいかもしれません。

■冷たい飲み物、スタミナ料理の摂り過ぎでカロリー過多に

夏は食欲がなくなる・・・という心配をされることがありますが
案外、カロリーは摂ってしまっています。スタミナをつけようと肉料理が多くなったり、
食欲をそそる濃い味のものが増えたり、
さらに冷たいものが飲みたくて、つい砂糖が入った清涼飲料を飲んでしまったりビールが増えたりと、バランスが偏る上にカロリーを摂ってしまっていることがあります。
また、冷たい飲み物や料理、アイスなどを多く摂ることで、カラダの内側が冷えてしまって
代謝を低下させてしまうことも。

夏の糖過多を解消するアビサラスリムティー

このように、夏はカラダに取り入れた「糖」や「脂肪」を消費しにくいカラダになりがちです。
そこで、夏のダイエットのためにも、健康維持のためにも、秋に夏太りを残さないためにも
『アビサラスリムティー』をプラスしてみませんか。

水にも溶けやすいので、夏のドリンクとしてもおススメです。
冷房の効いた室内で飲むなら、夏こそあえてホットで飲むのもいいですね。

本場インド原産のサラシア由来の、「サラシノール」が、摂り過ぎた糖がカラダに吸収されるのをブロックします。

暑さによる食欲不振からくる体調不良
食べたいものをつい食べてしまうことによる糖・カロリー過多

どちらも夏のカラダのお悩みです。

健康的に、体型維持をするためにもぜひ
『アビサラスリムティー』を試してみませんか?

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

ダイエットカテゴリの最新記事