熱中対策にもおススメ。冷やしたアビサラスリムティー。

熱中対策にもおススメ。冷やしたアビサラスリムティー。

熱中症のリスクは深刻です

記録的な猛暑が続いています。
全国で死亡者も出るほど、その影響はかなり深刻になっているのが今年の特徴のようです。
気象庁を始め国からも異例の注意喚起が行われています。

とはいえ、
仕事や子どもさんの行事などで外出をしないわけにはいきませんよね。

「熱中症」とは
真夏日のような気温が高い日をはじめ、高温多湿な環境に順応できずに体に不調や異常があらわれる状態のことです。
そして現れる症状はいくつかあります。

めまいや顔のほてり
筋肉痛や筋肉のけいれん
体のだるさや吐き気
異常な汗
体温が高い
まっすぐ歩けない
呼びかけに反応しない

など
普段感じない不調を感じるようになります。

室内でも危険な熱中症

熱中症のコワさは、陽射しにさらされる屋外にいる時だけでなく
室内でも起こったり、
陽射しを浴びてから数時間~数日たって発症することがあるということです。
しかも重度なものになれば命の危険も伴ってしまいます。

異常気象や地球温暖化が進んでしまっている現代では、なんとか自分のカラダを熱中症の危険から守るようにケアしていくしかないのかもしれませんね。

熱中症の予防には
■こまめな水分補給
■適度な塩分補給
■十分な睡眠
■バランスのとれた食事

に気を付けることが有効だと言われています。

炭水化物不足で熱中症のリスクも!?

水分や塩分を気を付けて摂ることはだんだん浸透してきていますよね。
それに比べ
「睡眠」や「食事」の大切さは見逃されがちです。
特に食欲が落ちて冷たいものや軽いものに偏りがちな食事になるなど、
夏の栄養不足は熱中症の発症リスクを高めてしまうのです。
高齢者に熱中症の方が多いのも、栄養不足になっていることが関係しているとも言えるでしょう。

エネルギーに変わりやすい「炭水化物」
体の機能を整える「タンパク質」

などは
特に意識して摂っていきたいところです。

アビサラスリムティーで糖ケアをしよう

ただ、そうなると気になってくるのが、「糖質」や「カロリー」の問題・・・
夏は汗をかいているとはいえ、実は代謝が落ちていたりもします。
暑い中でいきなり運動を始めるのも危険です。

そんな夏こそ『アビサラスリムティー』が活躍します。
食事から摂り入れた糖が細かく分解されて吸収するのをブロックしてくれる
「サラシノール」が糖過多の不安を解決してくれます。

サラシノールはインド原産の植物「サラシア」などに含まれる成分。
アビサラスリムティーにはこのサラシア由来の「サラシノール」がギュッと凝縮されています。

水に溶けやすい顆粒タイプなので、外出先でもペットボトルの水にサッと溶かして
水分補給&糖ケア
が手軽にできてしまうのです。

カロリーを気にして食事制限をするのは、熱中症のリスクにつながってしまう夏。

美味しく冷やしたアビサラスリムティーを味方につけてみてはいかがでしょうか?

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

未分類カテゴリの最新記事