強くなってくる紫外線。強い日焼け止めが使えない敏感肌を守るには?

強くなってくる紫外線。強い日焼け止めが使えない敏感肌を守るには?


健康な肌の方ももちろん、アトピーなどのトラブル肌の方が敏感になるのが
「紫外線」
「汗」
「皮脂汚れ」

です。
つまり、これからの季節のスキンケアがとっても気を遣う必要があるのです。

SPFに頼るだけで大丈夫?夏の素肌

年々、日焼け止めクリームの品質が上がってきて、SPFの数値もどんどん高くなっています。
一方で温暖化の影響などによって、陽射しは強烈になり、気温もグングン上昇していますよね。
肌が健康であれば、強い日焼け止めなどを積極的に使って、紫外線対策ができます。
ところが、どんなスキンケアでも使えないトラブル肌の場合はどうすればよいのでしょうか?
可能な限り強い陽射しの元に出ない、日傘や、UVカット生地の服やアームカバーを使用したりと、大変です。
さらに追い打ちをかけるように、少し動くだけで出て来る「汗」。
“あせも”のような状態になって、そこに日焼け止めクリームを塗るなんて、中々できません。

そんなトラブル肌の方に取り入れて欲しいのは

・肌を乾燥させないこと
・浴びた紫外線に負けない肌づくりをすること
・汗をかいてしまったらできるだけ素早く拭き取ること

です。

これは、「紫外線をブロックする」ことよりも
「紫外線によるダメージを残さない」ためのケアです。

紫外線で乾燥する肌!?

紫外線を浴びてしまうことによって、シミ・くすみの原因になり
高い気温の中にいることによって、肌乾燥が起こります。
また、汗をかいていると、ホコリや汚れが肌にくっつきやすくなり、炎症がかゆみの原因になってしまいます。
浴びてしまった紫外線は肌奥に記憶されてしまいます。
やがてメラニン色素としてシミに…。

年齢やトラブルでターンオーバーが低下してしまった肌は、
この肌奥のメラニン色素を早くアカとして剥がすことができずに、
シミやくすみとして肌表面に残ってしまうのです。

紫外線を浴びることは肌組織が大きなダメージを受けることです。

特に、満足のいく紫外線ケアが出来ないトラブル肌は「肌体力」をベースアップして
肌奥にダメージを残さず
夏でも乾燥する肌に潤いを持たせることによって、角質層のキメを整え
紫外線ダメージを肌奥に届けない肌づくりが必要です。

「保湿」
「清潔」
「肌体力」

に気を付けて、紫外線対策ができる肌づくりをまず目指しましょう。

肌修復に役立つ「アラントイン」は美白効果でも注目を集めています。
保湿と、美白ケア、どちらもできる『モイストリペア』を
夏のダメージから弱肌を守るスキンケアとして使ってみてはいかがでしょうか?

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

美容カテゴリの最新記事