カタツムリが持つ成分「アラントイン」の抗炎症作用とは。

カタツムリが持つ成分「アラントイン」の抗炎症作用とは。

年齢肌、トラブル肌で気になる箇所ってどこでしょう?

小じわができやすい「目元」「口元」気になりませんか?
目元や口元に小じわができやすいのは、この部分が特に皮膚が薄くて、乾燥しやすい場所だからです。
しかも、お顔の中で一番動く場所ですよね。
表情筋と言われ常に動いている部分ですから…。
スキンケアの際にも、意外と行き届かないことがあります。
目元専用クリームなどを使用している場合は別ですが。
目元や口元は、乾燥によって薄くなり赤くなったり、炎症を起こしたりする場合があります。
特に花粉症やアトピーなどの方は経験があると思います。
トラブルがひどくなってしまっている場合には「炎症」を抑えることが先決です。
たいていの場合は塗り薬などに頼ってしまいがちです。
でもお薬はベタついたり、配合されているオイル成分によって陽射しにあたるとシミになることなども心配です。

注目したのはアラントイン

そこで青山美肌が注目したのは『アラントイン』という成分です。
この成分は、皮膚薬などにも配合されています。
この「アラントイン」は、化学的に合成されているものもありますが、自然由来の成分なんです。
代表的なものは“カタツムリ”由来の成分です。
数年前からカタツムリの成分が美容に役立つと話題になったこともありましたね。
その成分こそが「アラントイン」なのです。

カタツムリの飼育中に、キズの治りが早いことなどから研究され始めたとも言われています。
肌修復への期待がかかったようです。

アラントインは、医薬品や美容製品で、炎症が起こってしまった場所に働きかける成分として使われています。
青山美肌でも、医療現場とのタイアップをする中で、肌の炎症のための成分として注目してきました。
特にデリケートな肌の方にとって、炎症が起きている状態は、
ひりひり、ピリリと傷みやツッパリ感を伴い、時には出血する場合もあります。
そうなってしまうとメイクどころではありません。
そうならないために、普段のスキンケアで優しく肌トラブルケアをしてほしいと
「アラントイン」配合の『モイストリペア』を開発しています。

目元口元に「モイストリペア」

肌の修復だけではなく、未然に肌を保護する役割を担ってくれます。

目元や口元は、きつくこすると小じわの原因になる場合があります。
小指や薬指で、優しく丁寧に塗り広げるようにしてください。
薄づきですので、少量を伸ばすだけで大丈夫。

乾燥や炎症をケアすることで、目元・口元のメイク落ちも気にならなくなるはずです。

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

美容カテゴリの最新記事